2015年の年金破綻に関連して初めて出た公務員共済追加予算の日経記事

昨日の日経朝刊に公務員共済1兆6000億円の追加予算の記事が出ていた。

私が1年以上前から指摘している公務員共済破綻の原因の一つである。私が指摘しているのは、公務員共済の支える現役公務員の数と受け取る公務員OBの数が2050年の日本の超高齢化社会と同じぼろぼろなのにアンバランスに高い給付を受け続ける公務員OBの矛盾とそれを糊塗する追加予算のからくりを指摘したのである。

http://2015nenkinhatankaihi.at.webry.info/200503/article_34.html

本来、新聞記者は自分で疑問に思い、自分の目で確かめ、自分で記事を書くべきなのだが最近は問題意識がなく、ただ役所がたれながした情報をきれいにレポートするだけで何の意味もない。その中では日経は独自に批判的に記事をかいてきたのでまあいいか。

とにかくこのままほっておいたら、2015年日本の年金・医療・介護は破綻する。みなさんもっと危機感をもとうよ。

この記事へのコメント

自営業者の孤児より
2006年11月16日 20:03
公務員の年金は一般は一人1年金なのにアルバイトをしてももらえるのか?議員は共済年金をもらいながら、議員年金ももらえるのですか?
又、共済遺族年金は子供が成人しても貰っているとか、。孫まで相続できるとか本当ですか?もし事実でしたらすぐやめないと赤字が続くのは当たり前です。妻にしかもらえない遺族年金の厚生年金から補助されているのにまったく納得がいきません。誰か調べて回答願います。
2015
2007年02月19日 14:08
ジグソーパズルになっていて、誰もわからない徳川大奥みたいになっているんです。簡単なことは赤字で厚生年金に頼りながらもらいすぎている公務員年金を即刻厚生年金に統合すべきです。経過期間なんてなしです。厚生年金とまったく同じにしてもいいでしょ。

あじゃらこじゃら言い出したら追徴すればいいんです。今なら許してやる、1年以内は既得権益で、それを過ぎたら厚生年金と同一またはもっと下、民間でさんざんやられた中高年リストラ対策ですよ。やられた本人が怖さを一番良く知っていますよ。みんな損得考えて辞めますよ。

一度やってみたかった。おまえらくびって。ごめんなさい公務員さんそれほど厳しいってこと。

この記事へのトラックバック