社会保険庁の看板架替前にやることがあるでしょ厚生労働省

社会保険庁改革 年金はどうなる?」について
「究極の政策 社会保険庁廃庁、国税庁に吸収せよ」というホームページを立ち上げたのは昨年7月でした。
http://www.geocities.jp/quartiejp/pensions/hirakida/226haicho.htm

その時は「そんな過激なことを言っていいのか」「身の回りを気をつけたほうがいい」とかなり顰蹙をかったものです。

しかし1年も経たないうちに社会保険庁解体が審議会で論議されるというのは個人的には感慨深いものがあります。しかしdanboさんのおっしゃる通り今回の有識者会議はなんか胡散臭い看板架け替えを狙っていると思えますよね。その前に年金の問題点をきちんと洗い出してどうするのか決めろよ、のんきな組織論をやってる場合じゃないでしょといいたいよね。

国会議員と厚生労働省の官僚の頭の中は狂いが生じていますよ。マスコミや国民ものーてんきだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック