⑦無年金障害者のアンフェア

学生無年金障害者訴訟は、全国9地裁で起こされていて、このうち東京・新潟・広島の3地裁では国の立法不作為と憲法違反を認めているが、3月25日東京高裁ではじめて元学生側の敗訴となった。裁判上の判断は別として今の年金制度のアンフェアぶりはひどすぎる。これは裁判とは別の話だと思ってきいてください。つまり老齢年金と障害年金をなぜ関連つける必要があるのだろうか。私は老齢年金と障害年金は切り離すべきだと思う。自分が老齢になるということと障害になるということは何の因果関係もない。老齢年金は働いて稼いだ程度に応じて老後に多くもらえるのはわかる。しかし、障害になった時その後必要な所得というのはどれだけ働いたかということで決めていいのだろうか。まあ百歩譲って沢山稼いでいた人の生活は稼ぎの少ない人の生活よりカネがかかりそうと言えなくもなさそうであるが。しかし、あなた自身で考えてみてください。あなたが20歳で障害になった場合と59歳で障害になった場合天と地とも違う障害年金になるということを受け入れられるだろうか。長いこと勤続した人が多くの障害給付を得られて、短いあるいは、まだ働いてない学生がそれだけの理由で障害の給付を受けられないあるいは、少ないというのはアンフェアだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック