2015年の年金破綻回避

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金20代アンケートのグラフ分析@

<<   作成日時 : 2005/07/10 17:14   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
7月9日(土)早稲田の学生さん7名始め合計9名の20代(19歳の学生を含む)と団塊の世代を中心とした大人の世代15名合計24名で年金世代間討論会を行った。ネットで呼びかけた2名も参加いただき日ごろのブログの議論を踏まえて中身の濃い討論になったと思う。

当日討論の資料としてあらかじめ20代にアンケートを募集し若者の考えを集約することをこころみた。サンプル数は31とやや少ないが、これにより出た結果は画期的なものと思う。今まで年金問題については、50代・60代の官僚や政治家が決めてきているが年金を支える若者の意見を聞いたという話はきいたことがない。支える若者が支持しない年金制度は間違いなく崩壊する。現にこのアンケートの結果は年金制度のゆくすえを暗示している。

若者の93%は年金に対して「世代間に格差がある」と感じ、89%が「自分たちが払ったものが将来返ってこない」と思い、96%が「自分たちは損をする」と思い、「40年後の自分たちがもらえる額より今の高齢者が多くもらっている」と93%が感じている。そして77%が「年金は不公平だ」と感じている。そして96%の人が「40年後の年金制度が縮小ないし破綻する」と思い、その内何と52%の人が「破綻する」と思っているのである。

若者からのこのシグナルを見落としてはならない。彼らはいま声なき声であるが、こんな制度は長続きしない。現在の50代・60代が自分の保身のため、ここまでアンフェアな制度の矛盾を先送りして既得権益を守ろうとしても崩壊するのは時間の問題であろう。我々50代は日ごろから官僚の天下りや公務員の削減を厳しく叱責するが、自らの年金既得権益を手放さないなら改革なんてできる筈がない。既得権益でがんじがらめになった日本を若い世代に渡すわけにはいかないであろう。年金改革、公務員改革、政官業の癒着をきれいにして自由な日本にして若い世代に渡したいものである。

具体的なグラフをアンケートの設問ごとに一記事として17回に渡り解説してみたい。設問1の「国の年金制度( 以下 年金 )を知っていますか?」(記事トップ「@年金制度の認知度」グラフ参照)に対しては96%の人が「知っている」と答えている。年金制度を知らない人はいないであろうから、ひねくれて解釈しない限り知っているということになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「年金」を知らない人は少ないでしょう。ですが、厚生年金、共済年金、国民年金を理解している人は少ないのではと思います。
特に年金基金は正確に理解している人はいないのではないでしょうか。若者に聞いてみてください。
将来の貰い分、既得権云々も言いですが、まず払わなければ一銭も貰えない事を理解させるように進められたら良いと思います。
勝手ながら。
ひこ山
2005/07/11 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金20代アンケートのグラフ分析@ 2015年の年金破綻回避/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる