2015年の年金破綻回避

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NHK『日本のこれから』をみて どう思ったかの?」について

<<   作成日時 : 2005/06/29 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

NHK『日本のこれから』をみて どう思ったかの?」について
「人口減少社会」は、いい番組でしたね。あれを見た人と見ない人ではリアクションが違うでしょう。ひこ山さんと話すと深い山の中にひきこまれるようで不思議ですが、私は高齢者を批難するつもりは毛頭ありません。

長期的には国の年金制度は賦課方式(毎年全額精算扶養方式)でしかありえませんから、今の高齢者は妥当な年金給付を受け取っています。40万円もらっている岡本さん(でしたっけ名前まで出されてお気の毒です)は責められるべきではありません。なぜなら今は団塊の世代700万人が保険料を負担する側にいるからです。団塊の世代を含めて負担する人が多い今までは高齢者は余裕ある給付を堂々ともらえたのです。

しかし、2007年から団塊が退職し保険料負担から離れていくからややこしくなります。2015年には団塊の世代全員が逆の受給者側に回ってしまいます。少ない負担者で多い受給者を支える時代には今の負担と給付では無理です。現行制度を微調整で維持しようとしても不公平は若い世代へ将来へと付回されてしまうだけですから若者は本能的に不公平を感じているのです。

大人の立場から見ると若者は一生懸命働いているとは思えず、ニート、フリーター、パラサイトに我慢がならないのでしょう。俺たちのころは必死で働いたと。しかし大人の作った社会が飽食、モラトリアムを生んだのではないでしょうか。今の日本は高齢者が裕福で大人が経済的にしっかりしていて、若者が貧乏であるという経済的逆三角形になりつつあります。子供の稼ぎが親の稼ぎを超えられない時代に入ると思うのです。そんな時代に金に余裕のない26歳ぐらいの女性が10万の給料のなかから手取り6万なのに、今は働かずに40万円年金をもらいクルーザーに乗っているお年寄りに13580円払うという漫画チックな映像を見た人は衝撃を受けたのです。

ひこ山さんや私のように人間を長くやっている者達は仕組みが見えますが、若い人達は年金制度を詳しく知らないでしょうし、興味もありません。だからどこが悪いと考えることもなかったでしょう。何か自分たちは損をして不公平だと感じているだけです。そんな時にNHKの番組を見ることによりだんだん見えてくることがあると思います。とてもいい番組でした。これから若い人がどう判断するかです。このままほうっておくのか、アンフェアを直すのか?国全体のバランスですから若い人と大人の連携でもあるはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
40万貰えたのは、共稼ぎ正社員だからなんだよね、男女共同参画社会とは、1億総岡本夫婦になろうよ!って話なんだよな。

多分、そう上手くは行かないんだろうけど。
女性雇用促進したら、既存の男の労働待遇下げないと駄目だから
OOTK
2005/07/05 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「NHK『日本のこれから』をみて どう思ったかの?」について 2015年の年金破綻回避/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる