2015年の年金破綻回避

アクセスカウンタ

zoom RSS 23歳フリーター 年金保険料を払うべきでしょうか?

<<   作成日時 : 2005/06/17 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットの別の記事です。

Question: 「23歳フリーターです。
 生活費はあまり掛からない生活で、この仕事に窮屈が無いバイト生活に満足しています。そして、私は65歳まで生きる気はさらさら無いです。
 やりたい事があるので、それが終わるであろう40歳くらいで自殺してもいいと考えています。
 これまで、学生だったので免除されていましたので残り37年払うべきでしょうか?。
 しかし、65歳〜月6万程度の受給を貰って生活をしている自分は想像出来ません。やはり、生きることを望んでいないんです。
 こんな、私に人生の先輩方から、アドバイスはありますか?。」

Answer No.9 :「年金についての説明は#1様のご意見通りです。
それより。人の人生どうしようが勝手ではありますがね。
23で楽なバイトしてて自分の人生判る訳ないっしょ。
もっと社会に揉まれてみなさい。
40代で人生終えるんなら、それなりの事をしてからにして。
たぶん、今はそうでも60までは生きるような人生の変転があると思いますけど。 」

Answer  No.7「 生きるということは、無数の動物の死や、自然破壊の上で生かされてます。23才まで、自分一人で大きくなったわけでもなく、生きることは、無数の不孝の上で生きてます。結局幸せと思っている人や、自殺する人は、にぶい人です。ただにぶいだけです。 」

Answer No.2 「本当の絶望を体験してないから、自殺するだとか、生きることを望んでいないんですとか、言えるんじゃない。 」

Answer No.1 「一つ誤解があるように思います。
日本の年金制度はお金を積み立てて将来の自分の
生活の保障をする、つまり貯蓄的な発想の積み立て方式
ではありません。
今の高齢者を支えるため若い世代が全員で支えるための
保険料です。結果的には似たものになっていますが、
制度の趣旨としては似て非なる物であり今あなたが収める
べき保険料は現在の高齢者のためです。
そのためあなたの寿命が40才であろうと関係は
全く無く収めなければなりません。法律で義務づけられて
いる国民の義務です。
昨年も保険料未納者に対して財産の差し押さえなどの
強制執行が行われています。
それに加えてという形で将来の貯蓄もしなければ
なりません、というかしたほうが無難です。
ですので回答としては
義務である年金には必ず加入し、
それに加えて自分自身でも様々な事に備え、貯蓄を
するになると思います。
多くの方がそういう風にしているんですよ」

というものであった。まことに衝撃的なものである。詳しくは下記Goo参照
転載させていただきました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857914

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
23歳フリーター 年金保険料を払うべきでしょうか? 2015年の年金破綻回避/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる