2015年の年金破綻回避

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金:自営業者にも言わせて ご意見募集中

<<   作成日時 : 2004/11/22 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 48

自由にコメントをお書きください。

下にあるテーマの「年金:自営業者にも言わせて」をクリックしますと皆様の意見を見ることができます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自営業者と被用者とのアンフェア解決のためのキー 企業の社会的責任
年金一元化と言われているものでは、自営業者と被用者とのアンフェアを解決することが第一の要件である。被用者年金加入者(厚生年金加入者と共済加入者をあわせて被用者年金加入者)は、国民年金加入者に、給付が少ない(79万4500円)のは払うものを払っていないのだからしょうがないと突き放す。国民年金加入者は、破綻する年金の原因は厚生年金や共済年金の加入者がもらいすぎたからだと逆襲する。厚生年金は、企業が折半出資しているのはアンフェアだと食い下がる。詳しい議論は「自営業者にも言わせて」参照http:/... ...続きを見る
2015年の年金破綻回避@WebryBl...
2005/04/06 21:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(48件)

内 容 ニックネーム/日時
国民年金は必要ですか?

@年金は2階建てにする。
A一階部分は全額税金でまかない、支給額は生活扶助額と同一額。
B二階部分はサラリーマンも自営業者も自由積み立て+10%加算。
C死ぬまで働く

 [シンプル且つ分かりやすい案]
名無し
2005/02/27 20:00
>自営業者は、使用者負担を自分で払うことにより厚生年金と共済とイコール
>にすることを選択できる。

これは、被用者負担だけじゃなくて使用者負担もなの?
それって不公平じゃない?
厚生年金は会社が半額だすのに、国民年金の人は全額出さなくちゃいけない?
会社が半額出すぶんも、給料のうちという考えなんでしょう。

年金一元化もいいけど、国民年金のひとは払いが増えるんですよね。
良く考えたら、損してるのかもしれない。

ななくさ
2005/02/27 20:03
>しかし、自営業者の中には、上乗せしたいという方がおられる
>ので、そういう方にオプションとして2階上乗せを共済、厚生年金、国民
>同じ土俵をつくろうよということです。

この部分、でしょ?
そして、同じ土俵っていうなら、企業負担のない国民年金の2F建て部分は
共済年金と同じように半分国庫負担で良いじゃない。
それが公平じゃない?
ななくさ
2005/02/27 20:05
1階部分が、むしろ自己負担分(国民・厚生・共済共通)で、
2階部分が企業や国庫負担になるんじゃないのかな?
まぁ、どのみち不公平感がありますが。
厚生年金は奥さんの分まで企業負担なわけですよね?
国民年金は、妻は自己負担ですから、辛い物がありますね。
名無し
2005/02/27 20:31
中小企業だと厚生年金じゃなくて国民年金のひともいますよね・・・。
複雑。
名無し
2005/02/27 20:32
それじゃ年金は、1階部分の13300円だけにして、あとは廃止、がスッキリですね。でもそれでいくとしても、現在それをアテにして生活してるひとは困りますよね。どう考えたって、誰かが刺される覚悟で、支給の削減しなきゃ成立しないでしょ。
老人の過払いと、共済・議員年金の税金分。
金持ちの老人はどうか受給を遠慮してくださいと。
将来、マジで安楽死法ができる予感がしますね。
医療費と年金の削減のために。
名無し
2005/02/27 20:34
公的医療保険であるところの国民健康保険は、国が給付費の半分を負担してます。
健康保険制度では、自営業者は公務員扱いですか?
それとも、国民健康保険も国庫負担はなくすべきとのお考えですか?
国民健康保険加入者は、今の国民健康保険料(税)の2倍の負担をするべき?

年金の話をしているところに健康保険の話を持ち込んでしまって申し訳ないです。
私、健康保険制度のほうがメインの趣味なので。
でも、関連ないわけじゃない話です。
同じ社会保険制度で、大きく被用者と、それ以外の加入者という、加入者構成
が非常に似通った制度です。
健康保険も一元化、一本化の議論を抱えています。
年金での議論はそのまま健康保険での議論にフィードバックされてくるし、
その逆に、健康保険から年金制度の議論への影響もあります。

私が、とても気にしているのは公平性です。
制度の一元化を考えるとき負担と給付の公平なしにして
一元化だなんてありえないです。
同じ負担なら、同じ給付。
これって、一元化の最低条件だと思うのです。
なな
2005/02/27 20:36
1.厚生年金について企業負担は強制ではなく、企業の任意。
  企業福祉として払いたい企業だけが払えば良い。
2.厚生年金2F建て部分について、加入者負担も任意。
  払いたい人だけが払えば良い。
3.共済の2F建て部分についての国庫負担はなし。
この3点が盛り込まれるなら、かなり良いんじゃないかと思うけど。
なな
2005/02/27 20:37
厚生年金の企業負担が、企業の義務ではなくなって任意になって
2F部分が任意になるのなら。
そのときは、共済年金だけ今のままというわけにはいかないでしょう。
ただ、前提となる厚生年金2F部分の任意化が実現できるのかどうか…。
サラリーマンだって既得権益を手放したくはないわけだし。

任意になったら、企業は今まで企業負担だった部分を負担しなくなると思う。
経団連あたりは社会保険の企業負担が大きすぎると文句いってるわけだし
大企業でも負担はしなくなるんじゃないかと予想します。
そして、今までの2倍の負担を任意で払う人がどれだけいるのかな…。
実質2F部分なし、って案に近いような。
なな
2005/02/27 20:38
2015さんの主張は厚生年金の立場を代表する人間の意見なのでしょうが、
国民年金の立場言わせてもらうと、やはり身勝手、エゴとしか映らないん
ですよね。要は自分たちの既得権を守りたいだけ、豊かな老後を送りたい
だけ。
社会保険庁けしからんって言うけど、厚生年金が破綻した原因を突き詰めて
いくとやはり現年金受給者・あるいはこれから受給しようとする人の
低負担・高給付なんですよ。
全員が払った保険料の6〜8倍もの年金を受け取ってたらそりゃ年金制度も、
国家財政も誰が見たって破綻しますがな。
何でそのことを敢えてスルーするのですか? 
社会保険庁けしからんとか、国民年金未納けしからんとか、わざと論点を
ずらしてません?
1192296
2005/02/27 20:54
厚生年金の加入者とか彼らを支持母体とする民主党って一元化を声高に
叫んでいますが、一元化言うならまず従来の厚生年金、報酬比例年金を
廃止し、積立金を清算して、500兆円に上ると言われる債務も完全に解消
するのが先でしょ。その上で一から新たな制度をスタートさせるべきです。
でなければただの国民年金への負担の付け替えで終わってしまう。
なんで国民年金の加入者が、厚生年金の低負担・高給付のツケを支払わな
ければならないのでしょう? 自分たちの「豊かな」老後の生活を
維持するために国民年金加入者に犠牲を強いるのをおかしいとは思わないの
ですかね?
1192296
2005/02/27 20:55
大変遅くなりましたが、とりあえずHPの方は拝見させていただきました。
ただ読んでいて感じたのは、やはり残念ながら視点が厚生年金からの
ものでしかないということ。サラリーマンの立場からの改革とはすなわち
既得権である「厚生年金制度の死守」であり、その建て直しなんですよね。
つまり本来の意味の改革じゃないってこと。
その前提を捨て去らない限り、いくら議論しても無意味じゃないかと思える
わけです。また後ほど。
314
2005/02/27 21:00
実質2F部分なしになると、現在受給者の反対が出ますよね。
収入源がそれのみの人は。
でもそれを許せば、現在払っている人は納得できない。
自分たちはもらえなくなるのですからね。
自分としては、現在受給してる人も実質2F部分なしでやってみて、
どうしても暮らせない場合、生活保護で援助がいいと思うんですけど、
税金負担だから同じになるのかな?
社会保険庁がムダ使いを改めることが前提ですが。
名無しさんの主張
2005/03/12 16:52
>厚生年金の上乗せ部分で税金は一銭も使っていません。今、国の年金制度の
>話をしているので国との関係で自営業者はサラリーマンに比べて損をしていません。

損はしていますよ。税金の代わりに、企業の負担する保険料が使われているわけですから。保険料って言えば税金ではないからごまかされてる人が多いですけど。要するに強制的な「負担」であることは違いないわけで性質的には税です。企業が国に払った「負担」が、サラリーマンの為に使われる。保険料と名前は変えても「負担」という意味では税と同じです。

劇薬だから、いきなりは無理だと思います。少しずつ慣らしていかないと…。
でも、慣れるまでに許された時間は、あまりないかも。それと生活保護は、効率が極端に悪い制度なのでお勧めできません。生活保護がなくても暮らせるように1F部分の強化は必要かと。

>金を吸い込まない政府にして社会保障はできるだけ残す方法は制度をできるだけわかりやすく簡単にすること。じゃない?
なな
2005/03/12 16:56
もちろん、複雑になるのはそれなりの意味があって必要があるからこそ作られた部分というのはあるんでしょうけど。そこの部分をできるだけ簡潔な処理にできるような制度設計が必要なんじゃないかと思ってます。そう考えると一元化じゃなくて、一本化でも良いかなって思うんだけど…。
なな
2005/03/12 16:57
企業がまったく社会貢献をしていない
名無しさんの主張
2005/03/12 16:58
一本化のお話。
制度はなるべくわかりやすく簡単に!
というのが理想っていうのは前に言いましたっけ?
国民年金、厚生年金、共済年金の一元化ができるのであれば。
いっそのこと一本化してしまえ!です。
「一元化」と「一本化」どこがどう違うの?って人もいると思うので説明すると…。

国民年金、厚生年金、共済年金、それぞれの制度の負担と給付の割合を同じにしました。
職業が変わってどの制度に加入することになったとしても負担も給付も変りません。
っていうのが一元化。

国民年金、厚生年金、共済年金、それぞれの制度をひとつにまとめた年金制度を作りました。
職業が変わっても、日本国民全員が同じ制度だから変更なんかの必要はありません。
っていうのが一本化。

なな
2005/03/12 16:59
どうせ、負担と給付が同じならまとめて一つの制度に(一本化)したほうが絶対効率いいし。
手続きも簡単になると思います。
職業によって制度が分かれていると、職業が変ったときにどうしても制度変更の
手続きが必要になります。
うっかり手続きを忘れたり、きちんと手続きはしたのに社保庁の職員が処理を
ミスったり。そして処理をする社保庁の職員さんにはお給料をあげなくちゃいけません。

制度を一本化すれば、そんな心配はいりません。
だって、制度変更の手続きの必要がないもん。
小泉さんがうっかり手続き忘れて未加入期間になってしまうこともなくなります。
ええ。
なな
2005/03/12 17:00
簡素化を一番とするなら「税金で取ってしまえ」と言う考えもありますね。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:01
全額税金で取るのと保険料で取るのとどこか違いがあるのか?
基礎年金部分については、全額国庫負担とし、一定年齢以上のすべての
国民に無条件に一律に一定額支給する。
報酬比例等上乗せ部分は公的年金から完全に切り離し、廃止もしくは
それぞれの制度内で民営化や年金組合等作って運営する。
これで問題ないでしょう。
実にシンプルかつ公平です。住民台帳だけあればいいのだから、
事務経費もほとんどかかりませんし。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:02
自営業者は、健保も迫害されてる(た?)。
先駆けで、自己負担三割だった。
リーマンも三割になろうかというときには、なぜか医師会が反対した。
なんだ?アレ。自営業者はいいのかよ。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:03
そもそも一元化議論ってのがおかしいですよね。
職業ごとに制度がばらばらで不公平というが、ばらばらだという認識から
して間違っている。
公的年金の中核はあくまでも全国民共通の基礎年金であり、それプラス
おまけとして雇用主が従業員のための福利厚生の一環として行う報酬
比例(上乗せ)部分があるのです。制度間に給付・負担に大きな差があり
不公平だと聞かれるが、報酬比例は従業員自身が充実した老後の年金給付を
求めた結果の制度でもあり、負担が重くなるのは当然でしょう。それがいや
だというなら制度自体をやめればいいだけの話です。
国民年金対象者が、厚生年金なら労使折半で済む保険料を、全額自己負担
してまで、その「おまけ」の部分に負担を合わせなければならないという
のはどういうことでしょう?
また所得比例年金は公平というが、所得の多い人には老後に手厚い保障を、
少ない人には少ない保障しか与えられない制度の、どこが公平というので
しょうか。こんなくだらない案は即却下です。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:04
年金制度の歴史から言えば先に厚生年金があって
国民年金のほうがあとからできたのではなかった?

>公的年金の中核はあくまでも全国民共通の基礎年金であり、それプラス
>おまけとして雇用主が従業員のための福利厚生の一環として行う報酬
>比例(上乗せ)部分があるのです。

少なくとも制度ができた初期にはこんなデザインはしてなかったと思う。
こういう理由は後付で出てきたものですよ。
これからはこういう風な年金制度にしましょう!
っていうならば私も賛成。
でも最初からそういう制度だった、っていうのは間違いじゃない?
なな
2005/03/12 17:05
たくさん払えばたくさん貰えるけど、たくさん稼げるんだったら年金は必要ない。
だけどあまり稼げない人は・・・。稼げないから年金が必要なのであって・・・。
年金のジレンマ
2005/03/12 17:07
もう税金でイイよ。
で、生保並の金額を一律に支給。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:07
そうなんですよね。それですべて解決。年金問題の本質なんて、
本当に単純なことなの。
なのに、そういう意見が出ると、なんだかんだの言ってこれを阻止しようと
いう輩が現れる。既得権を持つ人たちね。
既得権が失われることを恐れてそれに抵抗するってわけ。
しかもそういう連中に限って改革改革って叫んでいるのだから笑える。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:08
ですね。
既得権を持ってる人達を納得させないと改革できない。

たぶん、そのために国民的議論が必要なんだと思うの。
たくさん払ったらたくさんもらえるのが当たり前と思ってる人が多すぎ。
なな
2005/03/12 17:09
えぇと。
保険料でも税金でも同じことですよ。
って、なんどか言ったけど。
わかってくれてないのかな。

全部税金にすると国民の負担は増えるのか?
答えはNO。
給付にまったく手をつけないならば
保険料負担をそのまま税金の負担に置き換えれば
今の制度のまま全額税金にできるよね?
年金保険料を年金保険税って言い直すだけ。
なな
2005/03/12 17:10
税も保険料も同じですよ。って部分だけど
これは今現在の厚生年金の2F建て部分にも言えるの。

会社が払ってくれてるから税金を使わないで済む?
ぜんぜん違います!
これって、会社が税金として国に払っているのと同じことです。
2015さんは税と保険料の見かけに騙されていませんか?
なな
2005/03/12 17:11
保険料と税。
どこがどう違って、なぜ保険料でなくてはならないのか?
私の知ってる範囲では、次の2通りの説明があったと思う。

1.税の一般会計とは別に、保険料の特別会計にすることで、
お金の使用目的がはっきりし、どこにどう流れるのかわかりやすくなります。

2.「保険」制度なので加入者全員が保険料を負担する義務があります。

たった、これだけ?
それに、この2つの理由、今となってはかなり怪しいです。
まず1の特別会計だとお金の流れがわかりやすい。
ホント?
誰に対してわかりやすいのか。
はっきり言うと年金素人には、どっちでもわかんないです。
玄人は、どっちでもがんばって理解します。
意味ないじゃん!
私、実は最近までお金の流れがわかり易いから特別会計が良いんだって
信じてた。でもさ…わかりやすいはずの特別会計なのに、グリーンピアとか
騒がれだしたのつい最近。
年金の保険料だけじゃなくて、雇用保険の保険料でも保養施設作ってたみたい
だしさ…。これなら特別会計でも一般会計でも一緒だよね…。

なな
2005/03/12 17:12
2はよくわかんない。
保険制度だとどうして、全員が負担する必要があるのか。
健康保険制度や介護保険制度も、保険制度なんだから被保険者は
全員保険料を負担必要がある…からって全額減免しないように
厚生労働省は指導してたと思ったけれど。
これはよくわかんないね。
でももし、保険制度だから全員負担が必要ですよっていうことになったとしても
だから税にできない、ってことはない。
住民税みたいに均等割をかければ良いんだし。
なな
2005/03/12 17:12
>税金でやるってことは、役人を肥やすだけだって証明されている

これの根拠はなんですか?
保険料でやったら役人は肥えないんですか?
保険料の場合は国民が負担して
税の負担だと国がどこかからお金を出してくれるとでも思っているのですか?

それは勘違いです。
保険料だろうと、税だろうとどちらも国民の負担に違いありません。

保険料・税どちらを選択しても、今までと同じ制度で同じ給付を続けるのなら
国民の負担は今までと同じように増えていきます。
保険料だから良い、税だから悪いというのは年金制度の本質ではないです。


なな
2005/03/12 17:13
…じゃあどちらでも同じことなら、どうして税でって私がいうのかって言えば
コスト削減できるから。
社会保険庁が徴収するんじゃなくて、国税庁が他の税金と一緒に徴収すれば
コスト安くて済むでしょ。
納付書も一緒。督促も一緒。強制徴収するときも一緒。
バラバラに徴収するよりずっと効率いいです。
それに、保険料特別会計が厚生労働省のお財布になってしまっている
現状を考えると、特別会計を崩して一般会計に組み入れたほうが国民の監視
の目が届くかな?ということもあります。
(嗚呼。特別会計のほうがお金の流れが見えやすいっていう話はどこへいったんだろぅ…)
なな
2005/03/12 17:14
やっぱり保険料特別会計の方がお金の流れがわかりやすくて良い?

素人さんには同じだと思うんだけどな…。
国民年金と国民健康保険って違うの?
とか聞かれるとがっくりなんですケド。


>使う方でも防衛費がいくら必要かなんて議論のための議論にしかならない。
>反対しても最後はいつのまにか通ってしまいます。国債の額だって
>いつのまにか730兆円になってしまった。予算をコントロールすることは、
>至難のわざです。保険料であれば、入りと出をまだ監視することが可能
>です。

監視することが可能だったはずの年金保険料で保養施設とか作られてましたケド。
ホントに監視は可能なんですか?
一般会計と一緒にしちゃえ!って先日某テレビ番組で言ってましたけど
あれはマスコミの無責任な煽り?
っていうか、策略?
なな
2005/03/12 17:15
>でもそれは、法人税を上げてやるべきことで、自営業者の負担が大変だからその分
>企業が負担せよというと何がなんだか分からなくなりますよ。寄付みたいなもんですか?

だから、保険料じゃなくて税にしろって言ってるのに。
少なくとも厚生年金社会保険に加入してる企業なら2F建て部分廃止すれば
国に納める金額が減るんだから、そのぶん法人税上げれば良いです。
で、税で年金やれば良いの。
なな
2005/03/12 17:15

>保険制度だと保険料を負担するから良いというのは、そう思います。

税でも均等割を課せば良いですよね。
税でいけない理由というのはどこにあるのですか?


役人批判と、税じゃダメ保険料だと良いっていうのはどう関係してるの?
税でも保険でもどちらも役人が関ることには違いがないですよ。

上記2点、ごまかされてる感じがします。

国が仕組みを作る意味がありません。
民間の個人年金で済む話です。

なぜ国に仕組みを作らせるなどと、役人の仕事を増やすようなことを言うの?

なな
2005/03/12 17:16
>税にして役人に
>まかせたことが今の年金破綻危機の最大の問題だという認識です。

保険料だって使い込まれてるじゃない…。
それじゃ税金だとダメな理由になってないです。
なな
2005/03/12 17:17
えぇと。
年金制度のもっともあっさりしたデザインは
>>480さんのだと思うんですね。
私も今、>>480さんのイメージでいるんですけど。

つまり、2F建て部分はなくしちゃえ!
完全に民間にまかせちゃえ!
ではダメなのでしょうか。

賦課方式とか積み立て方式で方式が違うっていう指摘は
今もらってる人達、今年金をかけてる人達はどうするのかってことですか?

その部分については…>>481
って言いたいとこですけど。
でも、完全に今まで払った保険料を無視するわけにもいかないとは思います。
なな
2005/03/12 17:18
少なくとも50代以降の人はもう、年金も含めた生活設計を立ててる人が多いでしょうから…
多少の調整はするにしても、給付は今の制度を基本に見て良いかなぁ。

40代の人は…どうなんでしょう?
まだ定年まであるし、そろそろ考え出す人もいるかもしれないけど
まだ完全に年金生活をあてにしている人は少ないような…。
人口ピラミッド見ると40代辺りの人は少ないし、この辺で区切って
良いような気もしますね…。

40代で適当に区切って、そこから下の世代については>>480だと…
2015年が越せないか…
なな
2005/03/12 17:19
税にこだわる理由は、税と一体徴収のほうが徴収コストが低くて済むことと
なにより。

『 納 税 の 義 務 』

という言葉があるからです。
年金や健康保険制度について、この国の国民は無知すぎです。
以前、健康保険の学習会に出かけたときに
「国民年金と国民健康保険ってどう違うの?」
という脱力ものの質問のあとに
「でも税と違って、健康保険って義務じゃないですよね、年金と一緒で」
って言った人がいましたけど…。

国民の義務は三大義務だけかっ

納税して勤労して子供には教育を受けさせれば
あとはなにしても自由だと思うなーっ。
国民の三大義務は年金と健康保険の義務を加えて
五大義務あたりにすると良いと思いましたまる

とりあえず、「税」って言っておけば
「国民の義務だし果たさなくちゃー」と思ってくれる人がいるということですねっ。
「保険料」って言うと「義務じゃないでしょ?」と思ってしまう人が多いのです。
だから「税」で。


なな
2005/03/12 17:20
言いたいことがちょっとよくわからないです。
賦課方式と積み立て方式の違いについては、理解しているつもりです。

よくある賦課方式の批判で
賦課方式は現役世代が引退世代を扶養する、だから世代によって
本人が払った金額と将来貰える金額が差が出てきておかしい、積み立て方式にしろー。
って、いうのがあります。
これは、私は反論してますよー。
それじゃ社会保障にならないって。
積み立て方式は、積み立てたお金が尽きたらそこで終りだしインフレに弱いし。

で、>>509案って1F部分は要するに賦課方式のつもりなんです。
老後の最低生活保障を、働いてて収入のある現役世代の税金が負担するわけだから…。

2Fの部分は、余裕のある生活をしたい方だけどうぞ御自分で積み立ててください。
って、ことなんだけど。
2Fは積み立ての個人年金で良いと思います。
なな
2005/03/12 17:21
私の両親は団塊の世代、私は第2次ベビーブームの最後の方。
まだ20代ですがなにかっ。

結婚も出産もこれからするかもしれないししないかもしれない。
だけど、次の世代に胸を張れる大人でいたい。
まだまだ勉強不足で、力も足りないけれど。
きっと世の中は良い方向に変わる、変えてみせると信じてます。
なな
2005/03/12 17:22
国民年金と国民健康保険の比較は面白いよね。
国民健康保険は、徴収額は収入によって違うのに、負担は同じ(個人3割・保険が7割)。
国民年金は、払いも貰いも同じ。(厚生年金は払いも貰いも違う)
名無しさんの主張
2005/03/12 17:23
1ヶ月でも払えば、それなりに貰える厚生年金と違い、
国民年金は25年収めなくてはビタ1円も貰えない。
満額払っても支給額では生活できない、生活保護の支給額より少ない。
これでは払わないで、将来は生活保護、という考えが出るのも無理からぬことです。
生活保護が貰えなければ、犯罪を犯して刑務所で面倒見てもらうという手合いまでいます。
今の年金システムは社会不安を作るだけではないでしょうか。
名無しさんの主張
2005/03/12 17:24
基本的に目指そうとしているものは同じだと思うのですが・・・。
2015さんがなぜ基礎年金税額税方式に反対なさるのか、理解できないです
ね。税金でやることが、なぜ役人を肥やすことになるのか?
なぜ私が基礎年金税額税方式を主張するのかと言うと、
まず、行政の仕事は税金の範囲で行われるべきであると考えており、それ
以外に保険料を徴収することは彼らの権限の明らかな逸脱であり、財産権
の侵害だということ。
保険料徴収するなら、民間に任せ、加入も個人の意思にゆだねられるべき
ではないでしょうか?。
481
2005/03/12 17:25
また保険料徴収方式がかえって制度を著しく複雑にし、不透明にし、事務
経費の膨張を招き、結果役人を肥え太らせているのです
もし100%税財源化すれば、給付業務のみ各自治体にまかせればよいでしょ
う。一定年齢に達した高齢者に一律に同額支給するのだから、いたって簡単
です。住民台帳ひとつあればいいのですから。社会保険庁はいらなくなりま
す。
社会保険庁の廃止、年金行政のスリム化を唱えていながら一方で保険料方
式を残そうというのは矛盾していると思います
481
2005/03/12 17:26
あと財源の問題を心配されているようですが、今の給付を維持せよと
いっているわけではありません。
保険料徴収廃止と引き換えに、基礎年金支給開始年齢も大幅にアップ
させます。
要するに本来年金が支払われるべきではない部分と、それをまかなって
いる保険料徴収の相殺です。現在の国庫負担分(現行1/3→将来1/2)を、
支給開始年齢アップで圧縮された受給者への支給に全額振り向ける
のですのです。
本来公的年金とは、予想できない長生きに対する経済的な最低限の
保障のはずです。個々人が平均寿命くらいは生きるという前提で
人生設計立ててもらわなくては困る。
保険料徴収廃止、基礎年金100%税財源化は、年金支給開始年齢引き
上げへの国民の理解も得やすくなり、年金制度スリム化はいっきに
進むと考えられ
ます。
481
2005/03/12 17:27
ちなみに私は消費税の社会保障目的税化には反対です。消費税と
年金に何ら関係がないこと、目的税化は既得権と化し、財政の硬直化
を招き、財政規律が働かなくなる。また先に述べたように支給開始
年齢アップで、新たな財源はそれほど必要ないと思われます。
481
2005/03/12 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金:自営業者にも言わせて ご意見募集中 2015年の年金破綻回避/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる